台湾 台北

仮画像

日本道観と台湾との深い縁

早島妙瑞住持道長と早島妙聴副住持道長は何度も台湾を訪問されています

 

妙聴副住持道長は台湾訪問の度に必ず台北に立ち寄られ、廟を参拝されたり学者の方々とともに共同研究をされます。中でも、美しい陽明山の麓にある国立故宮博物館(台北故宮博物館とも)は副住持道長のお気に入りの1つで、度々見学されています。


日本道観の展示。掛け軸に合わせて特注のケースが使われた


パンフレットにも「日本道観から22点の展示協力があり、素晴らしい台日宗教文化交流となった」と紹介されている


右から徐瀛州先生、台南市道教会陳榮盛理事長、
日本道観早島妙聴副道長、台南縣政府文化處葉澤山處長、
台南縣政府文化處 蕭壟文化園區 黄宏文主任


行業神信仰文化展全体の様子。壁のデザインにも日本道観所蔵書籍の絵が使われている

台湾

▲ホームに戻る