山東省 曲阜、泰安等

仮画像

銀雀山漢墓竹簡博物館前

2011年2月21日~26日 早島妙聴副住持道長 山東研究の旅

2011年2月21日~26日の山東研究の旅で、妙聴副住持道長は曲阜にある孔廟と銀雀山漢墓竹簡博物館、泰安にある岱廟などを参拝されました。


曲阜。孔廟(本廟)は中国で初めて孔子様を祭った廟です。公元前478年に孔子の家が廟に建て替えられたもので、中国三大宮殿の一つといわれています。世界的にも歴史的価値が高く、世界遺産に登録されています。


銀雀山漢墓竹簡博物館にて


泰安の岱廟。俗称で「東岳廟」とも。道教神府・歴代帝王が天地や泰山神を祭るところです。泰山で最大かつ古い歴史をもつ建築群ですが、とても良い状態で現存しています。


岱廟にて。中国の春節の風習により、逆さの福の字が書かれた札が吊るされている。

山東省

▲ホームに戻る