中国道教協会を訪問し、王哲一秘書長と会見|日本道観の道教交流

中国道教協会を訪問し、王哲一秘書長と会見

仮画像

早島妙聴住持道長、中国道教協会王哲一秘書長

中国道教協会を訪問し、王哲一秘書長と会見

2013年11月20日、一般財団法人日本タオイズム協会理事長 日本道観住持道長 早島妙聴先生が北京にある中国道教協会を訪問され、王哲一秘書長と会見されました。 日本道観所蔵の漢籍を見ていただき、保存状態もきれいですばらしいものだと絶賛されました。
また、2014年に予定している一般財団法人日本タオイズム協会設立一周年記念のイベントヘ、中国道教協会任法融会長をはじめとする皆様の参加の意向をいただき、大変話が盛り上がりました。

 

中国道教協会の王哲一秘書長に日本道観所蔵の漢籍を見ていただく

 

中国道教協会の皆様に、一般財団法人日本タオイズム協会の活動について紹介

中国道教協会の皆様に、一般財団法人日本タオイズム協会の活動について紹介


●中国道教協会
英語: Chinese Taoist Association。中華人民共和国における唯一の公式な全国道教徒組合連合である。略称は中国道協。会場は全真教龍門派の祖庭の北京白雲観。
●一般財団法人日本タオイズム協会
〒838-1601 福岡県朝倉郡東峰村大字小石原1362番地1 
[事務局] 〒971-8183 福島県いわき市泉町下川字萱手79-2 
TEL:0246-56-1444 http://taoism.or.jp
2013年7月25日に設立、英彦山山系のふもと九州福岡県朝倉郡東峰村を拠点の地とする。世界のタオイストと手を携え、人類の叡智であるタオイズムの研究・保存し、広く世界に発信をする活動を開始。 無為自然、道TAOの生き方を実践し、国や宗教や人種を越えて、人類未来によりよい地球、豊かな幸せな未来を残すべく、活動を続けている。

▲ TOPヘ戻る