日本道観タオイズム文物展示会開催

仮画像

福岡県「英彦山」山系のふもとの東峰村にて、日本道観タオイズム文物展示会が開催されました

台湾のタオイストの皆様、日本道観の会員の皆様が参加され、たいへん貴重な文物にとても感動されました

2012.11.11 日本道観タオイズム文物展示会開催

日本道観は1977年に創設者早島天来大先生が設立しました。今では国内外に11の拠点ができ、無為自然の生き方ができるよう、古代中国の道教、老荘思想に学び、普及をはかっています。

地球環境の悪化、災害で不安定な時代の中で、国際情勢を出しておよび、日本道観は従って中国古代の道教思想を書いて、心身の息を鍛えるを通じて(通って)、人類のすばらしい未来のために開いて道教の思想の文化、"息の養生が法を訓練する"などの内容の普及、研究と出版などのイベントを書きます。今のところ、縁はそうさせて、私達はまた為を見分けるに日本の道教の鼻祖の修行する山"英彦山"山系のふもとの東峰村が1つの新しい拠点を設立したのになられて、世界との道教交流を進めます。

在地球环境恶化、灾害频发、以及世界形势尚不明朗等的现实生活中,日本道观遵循著中国古代的道教思想,通过锻炼身心之气,为了人类的美好未来而展开著道教思想文化、"气的养生训练法"等内容的普及、研究与出版等活动。如今,缘分使然,我们又在被认為是日本道教鼻祖修行之山的"英彦山"山脚的东峰村设立了一个新的据点,开始向著世界道教交流之路迈进


 

今回の展示会は、道教、TAOISMの民間宗教、TAOISMの哲学、日本道観コレクション、TAOISMの医学の5つの会場でした。台湾のタオイストの皆様も日本道観の会員の皆様も、とても貴重な文物に大変感動されました。

▲ TOPへ戻る