2012年道教節世界祝典開幕式 台湾高雄道徳院

daodejie

2012年2月25日、26日 早島妙聴副住持道長は高雄で行われた道教節世界祝典に参加されました。

2012道教節世界祝典は2月25日に高雄で開幕し、世界8ヵ国及び中国大陸、台湾から代表が集まりました。日本道観 早島妙聴副住持道長もご招待を受けて参加されました。
旧暦の2月15日は道教の神様である老子様のご生誕日です。ぜひこの日を国の祝日に制定し、老子様の『道徳経』を世界に広め、タオイストがもっと活発に協力して活動し道教を広めるべきだというのが、この祝典の趣旨なのです。



早島妙聴副住持道長は開幕式で発言され、日本道観創設者である早島天来大先生が書かれた『人生を最高に生きる81章 ―老子道徳経の読み方』の中から言葉を引用され、来賓の方々の共感を得ました。


2月26日、十八王公廟・三鳳宮・保安宮・啓明堂の4つの廟を参拝され、高雄の港からフェリーで遊覧されました。来賓の方々と交流することができ、とても愉快な旅でした。

▲ TOPへ戻る