天来大先生のタオイズムの旅は今も続く・・
常熟真武観竣工及び神像開光式典 (2011.8.19~23)

 

2011.8.19~23

▲ 常熟真武観竣工及び神像開光式典(20日 江蘇省蘇州市常熟市)。

▲ 隆力奇生物科学技術有限会社の徐之偉理事長と日本道観の活動について語られる早島妙聴副住持道長 ▲ 開光の儀式が行われた真武観

道教養生学の現代価値学術検討会

【写真左】左から林中鵬教授、四川省社会科学院李远国研究員教授、早島妙聴副住持道長、
               全国老子道学文化研究会胡孚琛会長、中華生死学会鄭志明理事長
【写真右】早島妙聴副住持道長、中国道教協会張継禹副会長(右)

▲ 道教養生学の現代価値学術検討会グループ討論 ▲ 早島妙聴副住持道長による発表(21日)
 
▲ 早島妙聴副住持道長 林中鵬教授による研究(19日)  

2011年8月22日 上海気功研究所(22日上海市)・中華経絡堂(22日上海市)

▲ 日本道観所蔵の古書を前に会見は盛り上がる。博物館・書庫を見学。 ▲ 右から林中鵬教授、早島妙聴副住持道長、上海市伝承導引医学研究所严蔚冰理事長所長,中国中医科学院黄明达执行主任

2011年8月23日 上海白雲観

【写真左】早島妙聴副住持道長、上海白雲観管委会主任姚树良道長
【写真上】道長と会見
【写真左】中経堂にて東方テレビ局の取材が入る
【写真右】厦門の新聞に早島妙聴副住持道長訪問の記事が掲載。
(記事の内容)
早島妙聴副住持道長が、林中鹏教授の案内により青礁慈済宮を視察されたと報道。副住持道長は養生文化研究家であり実践家、日中学術交流の日本側主席専門家と紹介されている。
(地方新聞「海沧消息」8月1日掲載)
page top