天來大先生のタオイズムの旅は今も続く… 厦門・武夷山研究の旅 (2011.7.12~15)

今回の中国での共同研究は、いつもの北京ではなく福建省の厦門で行われました。

林教授は、故郷である本当に美しく快適な厦門に戻られて、研究や執筆をされておられるのです。


厦門の鼓浪湾ホテルにて。たくさんの書物を前に、研究は白熱。

そこで、たった3泊の滞在だったのですが、1日は武夷山を見たいとお願いして、政府の方のご案内つきで、武夷山の美しい景勝地と道教、儒教などにまつわる道観や修行の場所を訪れました。


武夷山九曲渓笩下り。九曲渓を竹の笩でゆったりと下ってゆく。

北京とちがい空気もきれい、そして緑も美しく、長い歴史のある武夷山。世界遺産に登録されているだけあって本当に感動でした。

切り立った岩の山で、大昔に海が隆起してできたものだと言われるのですが、不思議なことは、その隆起した岩には、貝の化石などが全くみられないのだそうです。とにかく、世界遺産ですから、本当に美しい場所でした。


林中鵬教授、早島妙聴住持道長、鼓浪湾ホテル蘇啓章支配人(右)。
支配人が住持道長へ書を書いてくださった

page top