日本道観について

日本道観創設者 初代道長 早島 天來 (はやしま てんらい)

早島 天來筆名/早島正雄
(~1999年)

道家道学院 初代学長

道家龍門派伝的第十三代

高知県生まれ。
日本で導引術を伝えてきた村上源氏の末裔で、 1969年に台湾で導引を受け継ぐ 道家龍門派伝的第十三代を允可される。
同時に道教の最高機関・六十四代の嗣漢天師府顧問に就任、のち、嗣漢天師府首席顧問をつとめた。併せて台南市道教會首席顧問となる。

1980年、道家の教えを広める場として日本道観を設立、また1992年には誰もがタオイズムを学び研鑽できる学校として道家<道>学院を設立し、導引術の普及につとめた。

日本道観 第二代住持道長 早島 妙瑞 (はやしま みょうずい)

早島 妙瑞

道家道学院第二代学長

道家龍門派伝的第十四代

一般財団法人日本タオイズム協会会長

早島天來(筆名 早島正雄)始祖のもとで43年来修行をし、 実地で、導引術・動功術・洗心術の修行をかさね、1999年道家龍門派伝的第十四代を継承。

2004年、嗣漢天師府第六十四代より道士の允可を受け、六十四代の嗣漢天師府首席顧問に就任。道家道学院にて指導をされる一方、東洋医学、仏教思想などの研究も重ね、鍼灸師、僧侶の資格ももつ。日蓮宗早島寺(そうとうじ)住職。2013年7月、一般財団法人日本タオイズム協会を設立、会長に就任。

日本道観 現住持道長 早島 妙聴 (はやしま みょうちょう)

早島 妙聴道家道学院学長

一般財団法人日本タオイズム協会理事長

世界医学気功学会副主席

日本道観始祖、早島天來のもとで31年来修行をし、実地で、導引術、動功術、洗心術の修行を重ねる。日蓮宗身延山にて修行し、僧侶として教師資格を取得。1999年6月、日本道観副道長、道家<道>学院副学長に、2017年2月、日本道観道長、道家<道>学院学長に就任。

2004年、嗣漢天師府第六十四代より道士の允可を受け、六十四代の嗣漢天師府顧問に就任。2010年、世界医学気功学会副主席に就任。

2013年、一般財団法人日本タオイズム協会設立、理事長に就任。世界医学気功学会、北京の首都師範大学との共同研究を行い、貴重な導引医学、道教医学の歴史、発展についての研究、中国伝統医学のTAO、哲学に関係する日本の江戸時代の漢籍の収集と研究、書籍出版などの活動をしている。全国の道家<道>学院で講座を開催し、お年寄りから子供にまで、わかりやすいタオイズムを指導し、健康な幸せな人生に生かすタオイズムの真髄を伝えている。

 


▲「不老不死の門」


▲ 日本道観総本部

page top